代表一同

 

 

『リーダー』

 石田 仁星(いしだ・じんせ)

      東海大学農学部応用植物科学科・平成29年度4年生 (大分)

 

 『サブリーダー』

 国貞 尚伸(くにさだ・たかのぶ)

      東海大学農学部応用植物科学科・平成29年度3年生 (東京)

 

 井手 良輔(いで・りょうすけ)

      東海大学農学部バイオサイエンス学科・平成29年度2年生(福岡)

 

『会計』

 廣田 有柚(ひろた・あゆ)

      東海大学農学部応用動物科学科・平成29年度4年生 (大阪)

 

 


 

阿蘇復興への道 規約(会則) 

(名称)

第一条  

 本会は阿蘇復興への道と称する。

 

(所在地)

第二条  

 本会は、東海大学熊本キャンパスに置く。

     住所:熊本県熊本市東区渡鹿9丁目1−1

 

(目的)

第三条    

 平成28年熊本地震の影響で、南阿蘇村は大きな被害を受け、地域住 民が集う機会や場が失われ、地域住民つながりや村の活気が薄れている。そこで、これまで南阿蘇に住み、地域の一員である東海大学農学部生が中心となり、祭りなどを企画して地域住民同士の交流や学生村民のつながりの場を提供し、それを復興や地域活性につなげていき、南阿蘇村に元気と笑顔を取り戻すことを目的に活動する。

 

(活動場所)

第四条   

 本会の活動場所は東海大学熊本キャンパスと南阿蘇村とする。

 

(会員)

第五条   

 本会会員は東海大学に在籍し、第三条の目的に賛同し入会するものとする。

 

(構成)

第六条   

 本会は東海大学農学部学生により構成される。

 

(役員)

第七条   

 本会は、次の役員を置く。

  (1) リーダー

  (2) サブリーダー

  (3) 会計

 

(役員の職務)

第八条   

 リーダーは、本会の代表者として、本会の活動全般を代表する。

 サブリーダーは、リーダーを補佐し、リーダーに事故ある時、リーダーの職務を代行する。

 会計は、本会の会計を掌握する。

 

(役員の任期)

第九条   

 役員の任期は1年とするが、再任は妨げない。

 

(運営)

第十条   

 プロジェクト会議は年6回開催し、役員の改選、年間行事計画及び報告、会計報告、予算について審議する。

 

(変更)

第十一条  

 この規約は、プロジェクト会議において、出席者の3分の2以上の承認があれば変更できる。

 

(設立年月日)

第十二条  

 本会の設立年月日は平成28年4月30日とする。

  附 則  本会則は、平成28年9月20日から適用する。